タグ「セッション」が付けられている記事

ゲーム音楽セッションしてきました

2013年10月13日 18時00分

レトロゲームの音楽をゆるくセッションする集まり「ゲー音部」にて、9月の主催を務めてまいりました。
レポート(当日に録音した音源あり)も書いてきましたので、良かったらご覧ください。

オフ会の幹事のような役割は初めて体験したので緊張しましたよ。
ですが「ゲー音部」の活動のフォーマットはほぼ確立している上、場馴れした方や優しい方が多いので、主催と言っても出来ることは少なく、大変助かりました。

これまでの自分の音楽経験と言えば、小学校低学年でエレクトーンを数ヶ月習ったことと、学校の音楽の教科書を楽しく読んだ程度です。
市販のゲーム音楽の楽譜を見て電子ピアノで弾いてみたり、パソコンを買ってからは耳コピやDTMを楽しんだりもしましたが、人と演奏したり、ライブに出演する事など、想像も及ばないことでした。

そんな風にずっと独りでコソコソと楽しんでいましたが、人と合わせて演奏してみて、初めて知った事が沢山あります。
自己満足でなく人に伝えるための楽譜の書き方とか。音を分解して考えずに流れを見てコードを採る必要とか。和音と和声の概念とか。DTMでは容易な部分、逆にDTMでは難しい部分とか。全て門外漢で過ごしてきたので、ここ最近は刺激を受け過ぎて頭がパンクしそうです。

ゲー音部に参加するようになってから、足掛けで二年が以上経ちます。毎回、楽しかったと満たされる部分と、もっと上手になりたいという欲求と、恥じ入って反省する部分と、様々な経験や感想を頂いています。

「セッション」するのは共同作業であり、譲り合いや思いやりが大切なのだと痛感する次第で...... それは音楽活動に限らず大事なことだと思うので、せっかく頂いたものはきちんと消化したい。
どうすれば人に迷惑を掛けずに自分も楽しむ事が出来るか、考えても分からないけれど、率直に音楽(ゲーム音楽)は楽しいので、これからも続けて行きたいです。
1
カテゴリ一覧
タグクラウド
月刊アーカイブ
新着コメント
新着トラックバック