無事に収める2013

2013年12月25日 22時51分

またまた遅くなりましたが、ゲー音部USTライブ~はちゃめちゃ大放送~は盛況のち無事に終了いたしました。たくさんのご視聴を誠にありがとうございました!
 
年末のいずれかの日に再放送があるかも知れません。もしご興味のある方がいらっしゃいましたら、ご覧いただけると嬉しいです。
 
個人的な反省点は山のようにありますが、メンバーのイベントに掛ける意気込み、豊富なスキルや個性、なにより演奏に表れる「凄み」を肌で感じる事が出来て、たいへん幸せな経験をさせて貰えたと感激しております。
 
......と書くと自己満足感も甚だしいですね。
 
実際にご視聴頂いた方は、どのような感想を持たれたのでしょう。内輪感があったとか、演奏に満足できなかったとか、ネガティブな意見もあるかも知れません。考え得ることは次への反省点としたいと思います(と偉そうに書いてる私はペーペーの部員ですが、意気込みとしてご看過ください)。


以下、非常に私的な2013年総括(感想)
 

...続きを読む

ゲーム音楽セッションしてきました

2013年10月13日 18時00分

レトロゲームの音楽をゆるくセッションする集まり「ゲー音部」にて、9月の主催を務めてまいりました。
レポート(当日に録音した音源あり)も書いてきましたので、良かったらご覧ください。

オフ会の幹事のような役割は初めて体験したので緊張しましたよ。
ですが「ゲー音部」の活動のフォーマットはほぼ確立している上、場馴れした方や優しい方が多いので、主催と言っても出来ることは少なく、大変助かりました。

これまでの自分の音楽経験と言えば、小学校低学年でエレクトーンを数ヶ月習ったことと、学校の音楽の教科書を楽しく読んだ程度です。
市販のゲーム音楽の楽譜を見て電子ピアノで弾いてみたり、パソコンを買ってからは耳コピやDTMを楽しんだりもしましたが、人と演奏したり、ライブに出演する事など、想像も及ばないことでした。

そんな風にずっと独りでコソコソと楽しんでいましたが、人と合わせて演奏してみて、初めて知った事が沢山あります。
自己満足でなく人に伝えるための楽譜の書き方とか。音を分解して考えずに流れを見てコードを採る必要とか。和音と和声の概念とか。DTMでは容易な部分、逆にDTMでは難しい部分とか。全て門外漢で過ごしてきたので、ここ最近は刺激を受け過ぎて頭がパンクしそうです。

ゲー音部に参加するようになってから、足掛けで二年が以上経ちます。毎回、楽しかったと満たされる部分と、もっと上手になりたいという欲求と、恥じ入って反省する部分と、様々な経験や感想を頂いています。

「セッション」するのは共同作業であり、譲り合いや思いやりが大切なのだと痛感する次第で...... それは音楽活動に限らず大事なことだと思うので、せっかく頂いたものはきちんと消化したい。
どうすれば人に迷惑を掛けずに自分も楽しむ事が出来るか、考えても分からないけれど、率直に音楽(ゲーム音楽)は楽しいので、これからも続けて行きたいです。

ゲームレジェンド18・ありがとうございました!

2013年05月27日 17時16分

5月26日に川口市で行われたゲームレジェンド18にサークル参加して参りました。

gamelegend18_48b.jpg

当日のスペースの様子 ※クリックで拡大表示

こちらのページに掲載しているようなビーズ手芸を展示・頒布させて頂きました。
おかげさまで、持参した分はほぼ完売いたしました。ありがとうございます!!

展示スペースの両隣や周囲のサークルさんにも恵まれて、終始なごやかな雰囲気のもと、会場から閉会まで過ごさせて頂きました。この場を借りて御礼もうしあげます。


今回、ゲームレジェンドにはサークル初参加でした。
不慣れな対応や、十分な品数をご用意できなかった事など、多くの不手際、申し訳ありません。

(反省点メモ:  ・もっと見やすい展示をする工夫 ・今(半年前)からゆっくりたっぷり作業して、品数を増やしたい ・無料配布するものを作りたい ・接客するのが久しぶり過ぎてテンパりすぎ(恥) ・次回は自分も買い物して回りたいな(地味に体調が悪くて、ずっとスペース内で座っていました))

また次回(11月)もぜひサークル参加したいと思っております。
その際には、どうぞ宜しくお願いいたします。


当日、会場ではゲー音部による生演奏が行われていました。
当初はホールの外で敢行される予定でしたが、急遽ホール内で演じる事に変更されたようです。おかげでスペースに居ても演奏が聴こえてきて、ラッキーでした。

会場の一角に人だかりが出来ていて、傍から見ていても大盛況のライブでした。
そして、遠くで聴いていても、「あ、この楽器の音は誰々の演奏だ!」と分かり、ゲー音部の方の豊かな個性と確かな技術を思い知りました。

音を聴きながらウズウズしたと言うか、むしろちょっぴり嫉妬心が沸いたと言うか、なんで自分は楽器を持って来なかったのかと思ったりとか(荷物が多かったから......)とにかく個人的に悔しい思いをしました。それほど素敵な催しだったと思います!

閉会後、ゲー音部とレゲー手芸部合同の(?)打ち上げに参加しました。
普段お会いできない方とお話が出来て、とても嬉しかったです。
と言っても、参加された人数が多すぎて、大半の方に挨拶できませんでしたが...。こちらはまた次回のお楽しみにしたいと思います。

レトロゲーム・マイナーゲームといったコアな趣味を通じ、全国から集まった人と接点や共意識を持てるのが、このイベントの楽しいところだと感じました。
本当に楽しかった。参加して良かったと思います。ありがとうございました!

2012年もお世話になりました

2012年12月30日 23時23分

開店休業が常態の当サイトですが、おかげさまで11月に開設10周年を迎える事が出来ました。本当にありがとうございます。

このサイトを開いて以来、色々なものを雑多に公表してきましたが、それによって沢山の出会いとご縁を頂きました。2012年はまさにその集大成といった感があり、やってきて良かったなぁと思う次第です。


私事では3月に結婚式(入籍から一年以上遅れてのお披露目会)を行ったのが大きな出来事でした。身内だけの集まりでも、準備には結構な労力を使うものだと、びっくりしたのを憶えています。


趣味の面では、去年に引き続き、レトロゲーム音楽演奏部・通称ゲー音部に大変お世話になりました。この集まりの懐の深さとユルさに、なんとも言えない充足感と癒しを施されまくり。

そちらのご縁もあり、11月にライブに出演させて頂きました。詳細は以下をご覧ください(音源もしくは動画あり)
ゲー音部でのレポート
オール1ブラザーズさんにゲスト出演
楽しかったです。...としか言い様がありません。


2012年、多くの方と出会えたことが何よりの喜びでした。
心を激しく動かされた事も数あり、普段の自分(だんごむし)からは考えられません。幸運な巡り合わせに感謝いたします。

オンラインでの活動ももう少し充実させたい、って毎回言っていますが、来年こそは!
それでは、2013年もタマサカナ!を宜しくお願いいたします。

FCB11thライブに行ってきた!

2012年10月12日 22時00分

去る10月の7日、ファミコンバンド11thライブに遊びに行ってきました!
今回も大満足すぎる公演でした。もはや詳しくは述べません。述べられません...
とにかくあっという間の4時間弱でした。


 

(以下ちょっと鬱陶しい個人的な気持ち)
 
FCBの「原曲重視」ならぬ「原作重視」の構えが、好きで好きで大好きでたまらないです。「コンサート」でなく「ライブ」なのも、趣旨が一貫していて素敵です。


ゲームのBGMを聞くと、ゲーム画面や操作感覚、あるいはプレイ当時の思い出が脳裏に蘇ります。乱暴な言い方をすると、脳内補正によって三倍くらい楽しく聞けちゃうのが、ゲーム音楽の大きな特徴ではないかと...(他のすべての音楽も、それぞれの記憶と密に繋がっているのは間違いありませんが、とくにゲーム音楽はその側面が強いと思います)


FCBのライブでは、そんな思い出を、演奏と演劇で再現してくれます。強いてこちらが脳内補正なんかしなくても、ありのまま楽しんで、笑ったり泣いたり出来てしまうんです。細やかな部分まで(ゲーム内での矛盾が無いように)再現してくれる様は、半端ないです。
 
演劇の無いガチ演奏も、まるきり遜色なく原曲を豊かに膨らませてらっしゃる...... ゲームの思い出そのままに涙が出ました。人間的でない技術でとんでもない演奏をしていても、観ている側に「そのゲーム」を伝えてくれる様は、まるでバタ足を見せない水鳥のようで感動です(ありきたりな言い回しでごめんなさい)。


ただ、自分自身が音楽や楽器演奏に疎いせいで、編曲と演奏の素晴らしさについて何も語れないのが、ちょっぴり申し訳ないです。勉強すれば双方向から楽しめるようになるのでしょうか。それともやはりどちらか一方の視点に傾倒するのでしょうか。そのあたりは、今回の公演とはまるで関係ない、個人的な疑問です。


さておき、私はゲーム音楽よりゲームが好きです。だからFCBのライブを観に行くのだと痛感しました。
その気持ちが満たされて、この上なく幸せです。
本当にありがとうございます。


また二年後に観られる事を信じて!
ありがとうございました。

SC-8820(SK-500)をwindows7で使いたい備忘録

2012年09月23日 21時02分

SK-500というMIDI音源内臓キーボードを譲り受けました。
2000年にROLAND社がリリースしたモデルで、音源はSC-8820と同じ規格のものが入っています。

パソコンにはUSBで接続するのですが、公式のドライバはwindows Vista対応のものまでしか配布されていません。
SK-500をwindows7(64bit)で使えないのかと数日奮闘した結果、どうにかなりました。自分用メモとしてここに記録しておきます。



基本的な手順は至ってシンプルです。

[1] ROLANDの公式ページからVista 64ビット版 のドライバをダウンロードする→
[2] セットアッププログラムをVista(SP2)の互換モードで実行する→ドライバがインストールされる→
[3] SK-500(SC-8820)をUSB接続→オートでは認識されないので、デバイスマネージャから「不明なデバイス」をSC-8820のドライバに更新させる→ちゃんと使える!

以上の手順はこちらのブログをそのまま参考にさせていただきました。本当にありがとうございます。


さて、ここからは自分用のメモです。
私は詳しく調べる前に、自力でどうにかしようと、あれこれいじってしまいました。傲慢な初心者あるあるです。Cドライブは汚れに汚れ、上記の手順でドライバをインストールしようにも、様々な箇所でつまづくハメに......。

[2] のセットアッププログラムを実行する場面>
Setup.exe をVistaの互換モードで実行しました。このとき、起動自体はできたのですが、今度は「何らかのトラブルが発生している可能性があります。ドライバをインストールするには、Setup.exeと同じフォルダにあるUninstal.exeを実行してから、再度Setup.exeを実行してください。」というメッセージが表示され、プログラムが終了してしまいました。

指示通りにUninstal.exeを(同じくVista互換モードで)実行し、「アンインストールが完了しました」というメッセージを確認して再起動しました。しかし、何度セットアップを実行しても、メッセージは変わりません。

どうやらインストールが中途半端に行われた結果、いずこかにファイルとレジストリの断片が残ってしまったようです。また、いくら互換モードで実行しようとも、インストール先の構成が違えばアンインストールも上手く出来ない模様。これらの残骸を消さない限り、インストールプログラムは正常に動かないようなのです。


まず、こちらの方法にしたがって、プログラムの名前を検索したり、"rgstrtn.lck"というファイルを削除しました。しかし私のケースでは改善されず。

考えあぐねた挙句、まずはUSBポートの初期化を行いました。

接続しているUSB機器のドライバ、および、増設されたUSBポートを走らせるためのドライバのバックアップを取っておく→マウス・キーボード以外のUSB機器をすべて取り外す→
コントロールパネル>ハードウェアとサウンド>デバイスマネージャー を開き、「ユニバーサル シリアル バス コントローラー(USB)」内にある項目を全て削除→
windowsを再起動すると、USBポートの再インストールが自動的に行われる
(ポートによって手動で行うケースもあるので、そのときは最初にバックアップしておいたドライバを用いる)


次に、レジストリエディタでレジストリの断片を探して、手作業で消去しました。
まず管理者Administratorでwindowsにログインします。
手順はこちらを参考にしました

それから、レジストリエディタを起動します。
スタートボタン>検索フィールドに regedt32 と入力してエンター、実行
(※知識の少ない人がレジストリを弄るのは大変リスキーな行為なので、くれぐれも慎重に
レジストリエディタでコンピュータを選択、編集>検索> RDID0007 を検索
するとインストールし切れず残骸と化したSC-8820のレジストリが表示されるので、これを消去します。

大半がエラーのためアクセス権が無いと表示されます。レジストリキーのアクセス権を変更する方法は、こちらこちら を参考に。

最後に、断片化したファイルが他にも無いか調べます。
ローカルのエクスプローラを起動し、コンピューター>SC-8820のドライバをインストールしようとしたローカルディスク(基本的にはローカルディスク(C:))を選択>右上にある検索フィールド(ローカルを検索)に RDID0007 と入力、検索
ヒットしたファイルがあれば、すべて消去する


以上の手順を踏まえた後、windowsを再起動、Administratorでログイン。SK-500を含めたUSB機器の一切を取り外した状態のまま、いちばん上記の基本的な手順を[1]からやり直すと、無事にSC-8820のドライバがインストールできました。

その後SK-500本体を接続し、ドライバを認識させた後、もう一度再起動してから、SK-500以外のUSB機器を接続し直して完了です。


振り返ってみれば、知識もないのに我流の考えでいろいろやってしまったのが、事態を悪化させた原因で......
今後、「これは使えるかな?」などと思ったときは、まず調べる。という癖を身につけたいと思います。

長ったらしい備忘録でしたが、この広い世界のなか、同じような状況でお悩みの方がいらしたら、少しでも参考になれば幸いです。
(※この記事の手順を実行するときは自己責任でお願いいたします

MT>mixi備忘録

2012年08月24日 18時41分

mixi日記にMT5(4でも)のRSSを反映させたいとき、
「日記/ブログの選択」を【Movable Type系】に設定しても反映されない。
これはmixiの大元の設定が、MT3以前のものに準じているせい。

MT4以降に対応させたいときは、
「日記/ブログの選択」を【その他】にした上で、
URLとRSSをhttp://からの絶対パスで書き込むと解決する。

参考:風見鶏の目‐mixiにMovable Typeの更新を反映させる方法
ありがとうございました!

ホームタウンチョビット

2012年07月15日 20時05分

先日発売された3DSのポケットサッカーリーグ カルチョビットにハマリまくってます!
ニンテンドーチャンネルで放映されたエキシビションマッチを観て、気になってどうしようもなくて。とうとう自分用に3DS本体を買ってしまいました。
(エキシビションマッチは現在公式サイトでも観ることができます)

カルチョビットは、プレイヤーがサッカーチームの監督になり、選手を育成して勝利に導くゲームです。
ウイイレのように選手の操作は出来ず、サカつくよりも監督業に専念できる内容で、サッカーゲームはもとより、いわゆる「育てゲー」がお好きな方は絶対ハマると思います。

気になった方はぜひ体験版をダウンロードしてプレイしてみてください。
この体験版、一週間はたっぷり遊べるボリュームがある上に、なんと製品版にデータを引き継ぐことができます。
現在はよくあることなのでしょうか? すごい手法だと思いました。

もし購入されたら、オンラインで対戦しましょう~。

サイト移転のお知らせ

2012年07月07日 22時13分

@niftyからサイトURLを移転してまいりました。
新URL : tamasakana.com (http://tamasakana.com)
旧URL : http://homepage3.nifty.com/tamasakana/
 
開設以来、実家で契約しているプロバイダのホームページサービスを使っていましたが、リアル引越しから遅れること1年半、ようやく移転いたしました。
 
せっかく新しくサーバーを借りたので、ついでに独自ドメインも取得してみました。それに見合うだけ内容を充実させられるといいな...。
  


このサイトはMovable Typeで組み立てています。
すごく便利です。が、私には非常に難しくて、サーバーを借りてから開設まで一ヵ月ほど掛かってしまいました。
子供の頃に培ったRPGツクール魂(スーファミ版)が無ければ、きっと投げてたはずです。
 
ツギハギな作りで不具合も多々あると思います。その都度修正できるよう頑張りますので、宜しくお願いいたします。


Movable Typeの使い方は、ほぼすべて 小粋空間 様で学ばせていただきました。
また、MT underHat 様、The blog of H.Fujimoto 様、他多数のサイト様を参考にいたしました。
 
本当に助かりました。
この場を借りて厚くお礼申し上げます!


それでは、今後ともタマサカナ!をどうぞ宜しくお願いいたします!

CMCしんせさーち支店、閉鎖?

2012年07月04日 22時02分

>DL違法化における罰則化が正式に発布された場合、
>「CMCしんせさーち支店」と「しんせさーちの音楽検索」を、
>閉鎖することにしました

わぴこのほーむぺーじの日記「重要なお知らせ」およびCMCしんせさーち支店より引用)
 
CMCが閉鎖される可能性が濃厚とのこと、とても悲しく思います。
同時に、漠然と捉えていたDL違法化における罰則化が、他人事でないことを思い知らされました。
もっとしっかり見据えて考えないと...。
 
「CMC(Computer Music Center)」さん、ならびに「しんせさーち支店」さんには、当サイトでMIDIを公開する当初からお世話になっておりました。とても感謝しています。
 
縁起でもない、気が早すぎるかもしれませんが、この場を借りてお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

カテゴリ一覧
タグクラウド
月刊アーカイブ
新着コメント
新着トラックバック